宮沢りえの昔がやばい!一卵性母娘とは?現在の旦那は森田剛?

経歴

宮沢りえさん(1973/4/6~)は東京都練馬区出身です。(本名は「梨絵さん」との説あり)お父様はオランダ人で、ハーフとなります。りえさんのオランダ名はリー・マムで、『リー』はleeeとeが3つだそうです。

宮沢りえさんは練馬区立大泉学園緑小学校、練馬区立大泉学園中学校を卒業し、芸能活動多忙のため高校には進学していません。身長は167cmで血液型はB型との情報です。

宮沢りえさん(1973/4/6~)は1984年11歳の時、モデルとしてデビューしています。1985年、小学校6年生の時、明星食品「チャルメラ」のCMが初仕事でした。1987年に初代の三井リハウスガールを務めました。この頃から、お母様の宮澤光子様の個人事務所「エムツー企画」に所属します。

出典:https://jimmys-room.com/archives/11417

1988年公開「ぼくらの七日間戦争」では女優デビューにして日本アカデミー賞新人賞を受賞します。

1991年18歳の時には篠山紀信さん撮影のヘアヌード写真集「サンタフェ」は155万部を突破し、現在でも写真集で世界最多記録となっています。

1993年の婚約破棄、1996年のサンディエゴ移住などを経て、2002年に「たそがれ清兵衛」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞します。

私生活

母・光子さん

宮沢りえさんには、「一卵性母娘」とも言われた母・宮澤光子さんがおりました。光子さんは2014年9月23日に65歳で肝腫瘍のため自宅で亡くなられております。「病院に行きたくない」という光子さんの意思を尊重した結果でした。

壮絶な最期だったようで、宮沢りえさんは『最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に私は役者として、母として、女として惜しみなく生きようと思います』と語っています。

光子さんの家系は一様に短命だそうです。光子さんの母も、姉のさつ子さんも光子さんの65歳より更に若くして亡くなっているそうです。また、3人とも離婚を経験していることも共通項となります。

光子さんは、1949年東京生まれです。お母様と早くに生き別れ、商業デザイナーの父・喜一さんの元、5人兄弟の末っ子として育ちました。光子さんは幼い頃よりバレエや水泳で才能を発揮しておりました。しかし保守的で厳しいお父様に反発し、光子さんは高校卒業後に家を出ます。

166cmと長身で日本的美人だったお母様は、六本木でモデルやホステスをしながら生計を立てました。加賀まりこさんも当時の光子さんを、「宮沢りえちゃん以上の美貌でスタイルも良く人形のように美しい人だった」と評しています。尚、後に光子さんが太った姿になったのは病気によるホルモンバランスの乱れによるものだそうです。

そして、語学留学のため欧州に向かう船上(もしくは六本木のクラブ)でオランダ人船員と出逢い、オランダの田舎で一緒に暮らすようになります。ところが田舎での生活に嫌気がさした(夫の父母と反りが合わなかった説あり)光子さんは単身帰国し、1973年に練馬区でりえさんを出産します。光子さんは銀座でホステスをしてりえさんを育てました。幼いりえさんはタクシー運転手をしていた光子さんの実父であるお祖父様に預けられたりして育ちます。

出典:http://tsuru.top/%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E3%82%8A%E3%81%88/

その後もりえさんはオランダ人の父親と一切面識はないそうです。オランダ人の父親には、りえさんの異母兄弟である妹さんがおり、りえさんにかなり似ているそうです。

1976年1月に光子さんは、ピアニストの小沢典仁さんと再婚します。ところがりえさんは小沢典仁さんに懐くことはありませんでした。小沢典仁さんも光子さんも夜に仕事をしていたため、1人でりえさんは寂しい夜を過ごしたこともあったそうです。

1977年に光子さんと小沢典仁さんとの間に男児が生まれます。りえさんも弟の誕生を喜びましたが、光子さんは1978年に小沢典仁さんと離婚します。この時光子さんは、「小沢典仁さんとの男児とは2度と会わない」という約束をしています。離婚の原因は、光子さんの男関係にあるとも言われています。

離婚後に光子さんは子宮がんを患い、手術は成功しましたがホルモンバランスの変化から体形が大きく変化し太ってしまいました。このため光子さんは銀座のホステスから保険の外交員に転職をします。りえさんはその後小学校4年まで大泉学園の光子さんの姉・さつ子さんの元で、さつ子さんの夫・息子さんと共に育ちました。この頃りえさんは立派に育てられ、幸せに過ごしたそうです。

その後、光子さんの銀座・六本木の水商売時代のツテで、りえさんは芸能デビューをしていくこととなります。

光子さんの暗躍

1993年元横綱貴乃花(花田 光司)さんとの婚約解消がありました。2020年に歌手の美川憲一さんは、「母光子さんに頼まれてりえさんに電話で婚約破棄の説得をした」と語っています。相撲部屋の女将さんになったらりえさんは光子さんの面倒をみられない、と光子さんは危惧したようです。

1994年9月に宮沢りえさんは京都のホテルで泥酔して左手首に大けがをしましたが、この件について歌舞伎俳優の故・中村勘三郎さん(当時・勘九郎)さんとの不倫の末の自殺未遂と報道されてしまいました。元々中村勘三郎さんとりえさんを近づけたのは、光子さんだったようです。

出典:https://matomake.com/I0007217

他にも光子さんにはビートたけしさんなど、芸能界の有力者とりえさんを近づけようという動きがありました。その一方で、りえさんと市川右近さん、市川海老蔵さん、中田英寿さんとの交際は、光子さんの反対に遭い破局したと言われています。

出典:https://entertainment-topics.jp/20613

最初の夫・中津ひろゆきさん

2009年に、元プロサーファーの実業家(サングラスのプロデュース業?)で、ハワイ在住の中津ひろゆきさんと結婚します。宮沢りえさんがCM撮影のためにハワイを訪れた際に現地コーディネーターをしていたのがひろゆきさんでした。

2009年2月に結婚発表があった際、りえさんは既に妊娠6ヶ月でした。中津ひろゆきさんとされている写真を拝見する限り、人のよさそうな好々爺という印象です。この結婚を機に、「一卵性母娘」とも称された、りえさんと光子さんの間にも少しづつ距離ができていくようでした。

出典:https://denden6464.com/4805/

娘・アロハさん

2009年5月20日に娘アロハちゃんが生まれています。アロハちゃんの命名は、A:Akahai(思いやり)、L:Lokahi(調和)、O’lu O’lu(喜び)、H’aa Haa(謙虚)、Ahonui(忍耐)という深い意味を孕んでいるそうです。

協議離婚

2016年に協議離婚をしています。離婚協議には実に4年を要しました。宮沢りえさんは無事親権を獲得しましたが、ここまで離婚協議が長引いた背景には、宮沢りえさんの不倫問題があったとも言われています。

出典:http://mikarin1215.com/wp-content/uploads/2016/03/%E3%82%8A%E3%81%889.bmp

現在の夫・森田剛さん

2018年3月16日にV6の森田剛さんと見事、2度目の結婚をされました。森田剛さんとの馴れ初めは、蜷川幸雄さん演出の舞台「ビニールの城」での共演です。

結婚を決断したきっかけは、中津ひろゆきさんの娘であるアロハちゃんが、血のつながりのない森田剛さんになついたことだと言われています。アロハちゃんはある時急に森田剛さんを「パパ」と呼び始めた事で、宮沢りえさんはアロハちゃんのために森田剛さんとの再婚を決意しています。

2016年の離婚時より、2018年の再婚時の方が、字がすこしキレイになっています。習字でも始めたのでしょうか?

出典:https://i0.wp.com/hotword-coolword.com/wp-content/uploads/2018/03/2feb223c0b1c6be7d951742ffef84ee0.png?ssl=1

格差問題とは

気になる宮沢りえさんと森田剛さんの「格差」ですが、どうなのでしょうか。まず、年齢格差。1973年4月6日生まれの宮沢りえさんと、1979年2月20日生まれの森田剛さんは、年齢差は6歳、学年だと5歳違いとなります。辛うじて同時期に小学生だったことがあり、ジェネレーションギャップはさほどないのかもしれませんね。

次に身長の、「格差」。宮沢りえさんの身長は公称167cmで、森田剛さんは163㎝と、約4㎝ほど、宮沢りえさんの方が高いようです。これくらいの身長差は許容範囲なのでしょう。

そして肝心の、「仕事での格差」については、今は引きも切らぬ大女優の宮沢りえさんはともかく、森田剛さんはあまり話題に上らず地味な存在です。しかし、実は宮本亜門さんや、2016年に亡くなった蜷川幸雄さんなど、名だたる演出家に認められ、実力派の舞台俳優なんだそうです。

私生活の方でも、「森田剛さんが13人目の彼氏」だという宮沢りえさんに対し、実は森田剛さんの方も、ジャニーズきってのモテ男らしいのです。8年交際した上戸彩さん、元キャバ嬢のバツイチモデル阪井あゆみさん、misonoさん、半同棲がささやかれたセクシー女優美雪ありすさん、などとの華麗なる遍歴があり、肉食ぶりでは対等以上の関係のようです。

まとめ

2018年3月16日結婚発表の2日後に行われた『伊右衛門』のCM発表会見では、宮沢りえさん往年のトレードマークだった「ほくろ」が確認できました。2018年6月1日発売『家庭画報』のインタビューでも、「ほくろ」がはっきりと写っているため、4月ごろまではほくろは実在していたことになります。

ところが2018年9月4日より放映の『ポッキー』CMでは、宮沢りえさんの「ほくろ」は見事に消えてなくなっています。2018年5月~7月あたりのタイミングで、宮沢りえさんはほくろを除去したのではないかと言われています。

芸能人にはほくろを除去するケースが多く、沢口靖子さん、小倉優子さんもほくろを除去したと言われています。また、ヒット曲に恵まれなかった時代の森昌子さんなど、ゲン担ぎとしてほくろを除去するケースもあるようです。

出典:https://denden6464.com/4805/

結婚後は森田剛さんと連れ立って娘さんの運動会に参加する家族仲睦まじい姿が目撃されています。2021年11月2日には、森田剛さんと共に新事務所「MOSS」を設立しております。仕事も家庭も万時順調なようで、見事ゲン担ぎとしてのほくろ除去が功を奏したのかもしれません。2021年には17年ぶりに民放ドラマにも復帰され、ますますのご活躍をみせていらっしゃいます。これからも宮沢りえさんに注目していきます!

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)