室井佑月、息子、元夫、旦那の学歴がやばい!夫との出逢いは政治勉強会

室井佑月さんは、1970年2月27日に青森県八戸市で出生されました。身長は162cm、血液型はB型との情報です。イメージ的にはもっと大柄の方だったのですが、意外です。元・製薬会社勤務のお父様と、元・高級クラブホステスのお母様との3人家族で、1人っ子だそうです。

出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/23/kiji/20210423s00041000283000c.html

「室井佑月」さんはペンネームです。「室井佑月」、風流ですごい、よい名前と思います。愛称には「ゆず」というのもあるそうです。かわいいですね。ちなみに本名は渡辺由子(わたなべ よしこ)さんとの事です。

出典:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/08/kiji/20190808s00041000039000c.html

室井佑月さんはここ10数年ほど、病と闘っておられます。メディアで拝見する明るいお姿からは想像もつきませんね!やはり芯の強いおかたです。

2005年に、35歳の時に膵臓に腫瘍が見つかり、膵臓の3分の2を摘出されています。

2011年、41歳の時に糖尿病を発症し、毎日インスリンの注射をされておりました。

2019年、49歳の時に乳がんを公表し、右乳房とリンパの一部摘出手術を受けました。若い時に受けた豊胸手術のため、乳がん検診のマンモグラフィーが受けられなかった事が、発見の遅れの原因となったそうです。右乳房とリンパの一部摘出手術の際は、豊胸手術の生理食塩水を除去しました。

出典:https://happy-happy-news.com/muroi-yuzuki-mukashi-kawaii-musuko-gakureki-kappu/

略歴

室井佑月さんは小学校時代に6回も転校しているそうです。青森、栃木、仙台などの関東以北が中心でした。小学校時代に6回も環境がスクラップビルドするとは、適応力やサバイバル能力が体得できそうです。室井佑月さんは確かにタフでいらっしゃいます。

小学校時代は宿題を一度もやらず、夏休みや冬休み明けは、宿題の提出期限が過ぎるまで登校しなかったそうです。ここまでくるとただの怠慢ではなく、れっきとしたストライキですね!

室井佑月さんちは一般的な「転勤族」というのとは異なり、なんと元・製薬会社勤務のお父様が勤務先を解雇されたのち、職を求めて移転をしていたそうです。

小学校生活は、協調性の少ない室井佑月さんにとっては大変苦痛だったようです。「一緒にトイレ」とか、「一緒に登下校」とかが苦手だったようです。但し気の合う友達とは仲が良かったようです。

お父様のユーモアのセンスの窺えるエピソードがあります。お父様は幼い室井佑月さんを、「動物園に行くぞ!」と言って競馬場に連れて行ったそうです。室井佑月さんはお父様と仲が良かったようですね。

出典:https://ameblo.jp/takumiuna/entry-11582206898.html

お母様は室井佑月さんを非常に甘やかしていたそうです。雨の日は風邪をひくので、学校を休むように室井佑月さんにすすめたといいます。その甲斐あって室井佑月さんは小学校から高校までの学生時代を通してずっと欠席(および遅刻早退)率が学年トップだったそうです。そのためお母様は学校からよく呼び出されていました。

ユーモアのあるお父様と理解のあるお母様の元で、室井佑月さんが実にのびのびと生育されたことがわかりますね。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASN5G51Q8N59ULZU00R.html

中学時代まで、地頭のよろしい室井佑月さんは勉強しなくても成績がよく、栃木県の進学高校石橋高校に進学しています。また、陸上が得意で走るのが速かった室井佑月さんは先生に勧められて陸上部に入部しましたが、練習がきつくてすぐにやめたそうです。決断力と判断力がありますね。

高校を卒業した室井佑月さんは、ミス栃木を皮切りに東京に進出し、渋谷区のミス公園通り、モデル、レースクイーン、高級クラブホステスなど、美貌を武器に世の中を渡っていきます。

出典:https://yudainews.com/muroiyuzuki-keireki/

そして1997年、室井佑月さんが27歳の時に小説新潮の「性の小説」コンテストで入賞し、作家としての道を歩み始めます。作家の傍ら、同1997年「監禁逃亡 淫らな呪い」にてちゃっかり女優デビューもしています。

1999年に高橋源一郎さんと結婚

1999年に作家の高橋源一郎さんと結婚されます。高橋源一郎さんは2022年時点で4度の離婚歴と5度の結婚歴があり、お子さんは5人いらっしゃいます。うち1人が、室井佑月さんとのお子様です。

出典:https://book.asahi.com/article/13943926

室井佑月さんと高橋源一郎さんは当初不倫の関係だったそうですが、高橋源一郎さんが当時の奥様・谷川直子様と離婚され、室井佑月さんと結婚しました。

高橋源一郎さんは1951年生まれで室井佑月さんとは約20歳離れております。ちなみに室井佑月さんが生まれた1970年2月には、高橋源一郎さんは、凶器準備集合罪(学生運動)で起訴され東京拘置所で過ごしていました。高橋源一郎さんは拘置所暮らしのショックで失語症を患うようになったそうです。デリケートな方のようです。

出典:https://mainichi.jp/articles/20140930/mog/00m/040/014000c

出所した高橋源一郎さんは横浜国立大学を除籍になり、肉体労働のアルバイトをして生活していました。そこで、ハイセイコーの弥生賞(競馬)をテレビで目撃し、競馬に傾倒していくようになり、1980年代以降には評論家として活躍しました。サンケイスポーツの連載名は「こんなにはずれちゃダメかしら」でした。

20歳年上で、競馬愛好家の高橋源一郎さんに室井佑月さんは、仲の良かったお父様の影をみていたのかもしれませんね。「こんなにはずれちゃダメかしら」。ユーモアのセンスがあるところも共通しています。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASN5G51Q8N59ULZU00R.html

2000年に、室井佑月さんと高橋源一郎さんの間に第一子長男・裕太さんが出生されますが、2001年にお2人は離婚されます。離婚理由は、高橋源一郎さんの複数女性との不倫なのだそうです。高橋源一郎さんは2003年に再(再再再)婚され、今のところ未だ5人目の奥様との離婚の情報は上がってきておりません。さすがに4度も離婚して、離婚のデメリットに気づかれたのかもしれません。

出典:https://www.oricon.co.jp/news/2162155/full/

長男裕太さん

一人息子・裕太さんは2021年4月に大学入学を果たされました。おめでとうございます。裕太さんは東京で生まれ、中学受験を受けて愛媛県にある中高一貫校、愛光学園へ進学されていました。愛光学園は四国一の名門校で偏差値が72もあるそうです。それにしてもなぜ愛媛なのか、お父様・高橋源一郎さんが広島県尾道市の出身であることと何か関係があるのでしょうか。

裕太さんは愛光学園時代、成績不振が理由で、外出制限がかけられる「停寮」処分を受けたことがあるそうです。ちなみに素行の方は良好でした。室井佑月さんは裕太さんに家庭教師を付け、母子二人三脚で危機を乗り越えました。

2021年に米山隆一さんと結婚

室井佑月さんは2021年5月10日に2回目の結婚を果たされました。実にその間20年もの間、室井佑月さんは独身を貫かれていたことになります。2020年に生まれた裕太さんが成人するまでは再婚はしない!等、室井佑月さんなりの決意があったのかもしれません。

出典:https://www.niikei.jp/70214/

2度目の旦那様は元新潟県知事であり、現在は衆議院議員の政治家である米山隆一さんです。米山隆一さんは室井佑月さんとの結婚が初婚となります。1967年9月8日生まれで、室井佑月さんとは約3歳違いと年も近いです。新潟県魚沼市の出身で、灘高校から東京大学医学部出身で、医師免許と医学博士号を取得しています。それどころか、大学の寮で法学部の学生と張り合い司法試験に合格までしています。相当負けず嫌いな性格のようです。

出典:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2017121900048_1&image=1

出逢いは政治勉強会

室井佑月さんと米山隆一さんはコロナ禍まっさかりの2020年10月、政治経済評論家で元経済産業省官僚の古賀茂明さんの勉強会で知り合いました。実は意外なことに室井佑月さんは、困難な状況下の女性や子供のためのチャリティーイベントを主催しており、古賀茂明さんはその支援者だったそうです。社会的立場や思想もフィルタリングされ、まさに理想的な出会いといえそうです。

出典:https://fujinkoron.jp/articles/-/2980?page=4

あの事件

ちなみに米山隆一さんは2018年に、マッチングサイトで知り合った20代の女子大生をはじめとする複数女性に金品を渡して「援助交際」をしていたと週刊文春に報じられ、新潟知事を辞職しています。米山隆一さんは当時独身でしたから、恋愛のつもりだったのではないかと思うのですが、なんと金品を渡した行為が「売買春と言われる可能性がある」ということで、米山隆一さんも指摘を認めたそうです。売買春とみなすのは、相手の女性たちへの名誉棄損にもなるような気もしますし、そもそも米山隆一さんが若いイケメンだったら、売買春呼ばわりしなかったのではないか、、、?と個人的にモヤモヤが残った事件ですが、司法に明るい米山隆一さんの対応はおそらく正しかったのでしょう。

出典:https://fujinkoron.jp/articles/-/2980?page=5

まとめ

ということで室井佑月さんは、現在順風満帆で大充実した日々を送っておられます。旦那様が政治家ということで中立の立場を余儀なくされ、メディアでの自由奔放な発言はこれまでと違い制限されますが、SNSでの公私の活躍をみると本当に楽しそうです。これからも室井佑月さんを応援していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)